看護師の転職とは不景気の関係

この不景気の時代、せっかく入社した会社を辞めて他の仕事に転職する勇気はなかなかもてません。そんな中でも看護師の転職とは別格です。もともと看護師不足が叫ばれる中、どの病院も看護師の募集をされることが多いです。看護師という職業柄、勤務も不規則で重労働な上、人のお世話をすると言う仕事ですから、よほど面倒見が良くなければできない仕事です。看護師の仕事を理解したうえで、勤務していてもやはり辞めたいとか、他の病院に転職したいと考える方が多いのは当然です。一般の会社員ならいったん会社を辞めると次の仕事を探すのはなかなか難しいです。この不景気の背景から求人にたくさんの人数が殺到します。しかし、看護師の転職とは、それらの苦労とはある意味無縁です。


数名の募集応募があったとしても、よほどのことがない限り、求人からもれることもなさそうです。病院側も少しでも多くの看護師を確保したいのですから、求人を見て応募してくれた方は貴重な存在にあたります。看護師の転職とは、他の職業と違って優遇されている部分があります。私も一般事務で仕事をしていますが、辛いことがあってもなかなか辞める決意ができません。次の仕事を探すのは本当に難しいのが現実なため、よほどの事がない限り今より良い条件の仕事を見つける自信がありません。看護師という資格があれば優位に転職することが可能ですから、羨ましいです。しかし、その仕事の内容はそれなりの覚悟が必要です。病気の方やお年寄りの面倒をてきぱきと見ることができることが最低限の条件です。ハードな仕事でもありますし、面倒で汚い仕事も中にはあります。かっこよい仕事を目指したいなら仕事内容は合わないかもしれません。大変な仕事の中にやりがいを見出せることができないければ続けることはできないです。いくらでも仕事がある時代にはあまり良さを感じることができないですが、今の時代は看護師の資格の有利さが1つの武器にもなります。

Comments are closed.